Menu
0 Comments

給付金を受取るまで


給付金は依頼者が、弁護士に裁判を依頼し、国が和解に応じた場合給付金を受け取ることになります。しかし、裁判所へ提訴し、B型肝炎給付金請求が可能であると判断するのは、あくまでも依頼した弁護士側の判断であり、書類に不備がある場合や、これまでの判例にない事例であったりしたケースは、提訴を断念したり時間がかかるということも考えられます。

裁判所ともあれ弁護士の判断で、給付金請求が可能であると判断した場合、正式に裁判所への提訴を行い、国との和解を目指すことになります。流れとしては、弁護士がB型肝炎給付金を貰うための訴状を作成し、裁判所に提出、次に必要書類を国側に渡しますが、このまま何も問題がなければ国から和解するという上申書が届くことでしょう。その後、裁判の期日までに訴訟の和解を行うことで、国と間での合意内容を記載した和解手続が行われます。

これで訴訟のすべてが完了したことになりますが、さらにきちんとした手続き行うことで、正しく給付金の支払いを受けることができます。給付金自体は、社会保険診療報酬支払基金に必要書類を提出することで、個人の病状に応じて申請されたB型肝炎給付金が支払われるという流れになる訳です。