Menu
0 Comments

給付金の考え方


給付金とは、様々な機関において給付金を受ける権利を持つ者に対してに支給されるもので、これらは支給対象となった者が、各取り扱い機関に対して自分自身が自ら申請して給付金を受け取らなければならないという側面も持つものです。

給付金の内容によっても、申請方法自体があまり知られていなかったり、給付金サービスの存在自体が知られていない場合もありますので、こまめに自治体の情報を受けとめておく必要もあります。B型肝炎給付金に関して言えば、B型肝炎に感染された方々を救済するもので、政府指導のもと集団ワクチンの接種やこれに伴う注射器などの器具や薬液により感染された方に対して、金銭の負担を少しでも軽くしようというものです。また、これまでB型肝炎の発症が原因で、肝がんや肝炎又は肝硬変などにより、既に死亡されている方に対しても、給付金を受け取れる制度が確立されています

病院ともあれ給付金は、申請しなければもらうことはできませんので、裁判の訴訟により和解金という形で受け取ることになります。ただし、裁判所で正式に行う民事裁判ですので、個人で行うにはなかなか荷が重く、専門家の知識が必要となってくるでしょう。ここで言う専門家の知識とは、訴訟に関する法律の専門家のことで、弁護士がこれにあたります。初めて訴訟を行う方は、裁判という言葉からも何かと怖気づいてしまいますが、難しいことはすべて弁護士がやってくれますので少しも怖くはないのです。

給付金取得と実費